ホオジロガモがやってきた(^^)

今年もいつもの川にホオジロガモがやって来てくれました(^^)

この鳥はこの辺りでは寒くなるとやってくる冬鳥です。

♂は名前の通りほっぺに白斑がありとてお愛嬌のある顔をしています。

↓♂♀のペアです。 ♀はほかの鳥と同じでやはり地味です。
f0361242_18052427.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 +1/3EV ISO200 1/1000s トリミング

f0361242_18052583.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 +0EV ISO500 1/2500s トリミング

f0361242_18052534.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f11.0 +1/3EV ISO640 1/1600s トリミング

↓群れの一部です。♂ばかり撮ってしまうので、♀がたくさん写っている写真を選んでみました。
f0361242_18052596.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f9.0 +1/3EV ISO640 1/1600s

↓でも、やっぱい♂をメインに撮ってしまいます(^^ゞ
f0361242_18052597.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f8.0 +1EV ISO640 1/1250s トリミング

以前に比べると群れの規模が小さくなったような気がします。

これからもっと増えてくれると良いのですが(願)

これまでに取り上げたホオジロガモのブログはこちら

つづく。

<小鳥メモ>
ホオジロガモ(頬白鴨、英名:Common Goldeneye)。
カモ目カモ科。

名前のとおり、♂は頬に白い白斑がある。

日本では冬鳥。

全長:オス約46cm。

生息エリアによって2つの亜種に分かれているようです。
①旧北区亜種
北ヨーロッパからシベリア、カムチャツカまでのツンドラ以南の森林、南はウスリーで
繁殖。地中海、ペルシャ湾~日本で越冬。

②新北区亜種
アラスカ、カナダで繁殖。
アメリカ中部で越冬。

内湾や港、河口や内陸部の湖沼や河川の波の静かな場所に生息。

食性は潜水して主に甲殻類、貝類、魚類を食べるが、水草なども食べる。

キタホオジロガモという種類もおり、生息域が重なったりもするが、鳴き声が明らかに違うためか雑種の報告はごくわずかしか無い。








つづく
[PR]

by stray-robin2 | 2016-01-03 19:10 | ホオジロガモ