あらら♪ この時期に会えるとは♪   ミソサザイ

オオマシコが姿を消してしまったので、ポイントの周りをぐるりと探鳥してみました。

すると、、、、、、冬枯れの藪のなかから『ジジッ、、、、ジジッ、、、』という地鳴きが聞こえてきます。

ウグイスか? と思い、じっとして観察してみました。

すると、、、、ミソッチでした\(^▽^)/

この時期に会うには2回めだと思います。

春から夏にかけてお山にゆくと、小さな体に似合わぬ大きな鳴き声で囀る姿を見ることができる可愛い小鳥です。

以前高尾山で探鳥していたときに、山登りをする人が『この鳥の声を聴くと元気がもらえる』 と言っていたのを思い出します。

それぐらい大きな声で囀ります。

↓警戒されました。
f0361242_18060337.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +2/3EV ISO1600 1/125s トリミング

とにかくじっとしてチャンスを待ちました。

すると、、、、、

↓少しづつ姿を見せてくれるようになりました。
f0361242_18060383.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +2/3EV ISO1600 1/100s トリミング

f0361242_18060490.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +2/3EV ISO1600 1/100s トリミング

↓やっとここまで姿を現してくれました。
f0361242_18060499.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +2/3EV ISO1600 1/100s トリミング


更に大人しく粘っていると、、、、、道を挟んで反対側の斜面に飛んで行き、小枝に止まってくれました。


↓ラッキーでした。
f0361242_18060472.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +2/3EV ISO1600 1/125s トリミング

f0361242_18060471.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +2/3EV ISO1600 1/80s トリミング

光の加減が難しくてどうなることかと思いましたが、なんとか撮影することができました。

露出が難しくSSが思いの外遅かったのですが、愛用レンズの856の手ブレ補正が頑張ってくれたみたいです。



<小鳥メモ>
ミソサザイ(鷦鷯、Eurasian Wren)

スズメ目ミソサザイ科ミソサザイ属

分布:ヨーロッパ~日本~北アメリカ西部と北半球に広く分布。
北方で繁殖した個体の中には冬に南下して越冬するものもいる。

日本では留鳥。一部の個体は秋~春にかけて越冬のために低地に下りて越冬する(漂鳥)

渓流および渓流近辺の森林に生息する。

全長:約11cm

食性:動物食で昆虫やクモ類を食べる。

その他:一夫多妻制である。 ♂は営巣のみを行い抱卵、育雛は♀が行う。









つづく
[PR]

by stray-robin2 | 2016-01-29 20:03 | ミソサザイ