樹上の水場     アトリ

この日はお山に出かけて見ました。

先日降った雪がまだたくさん残っていました。

頭上に鳥の気配を感じました。

はるか高いところにアトリの群れがいました。

私には冬鳥として馴染み深い鳥ですが、見上げて観察することが多いです(^^;

目線の高さでは久しく観察していないような気がします。

今回もそうなってしまいましたが、無理やり大砲の856を向けて見ました。

すると、、、あることに気が付きました。

木の小枝にひっかかって落ちずに残っている雪を食べているではありませんか。

小鳥が水分補給のために雪を食べるシーンはこれまでにも見たことがありますが、アトリはこれが初めてでした。

f0361242_18061812.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +0EV ISO800 1/1250s トリミング

↓いざこざもあるようですが、上から数えて3番目、4番目の個体は何事もないように雪をかじっています。 写真ではわかりずらいですが、嘴からこぼれ落ちる雪の粒が見えました。
f0361242_18061975.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +0EV ISO800 1/1600s トリミング

f0361242_18062018.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +0EV ISO800 1/1600s トリミング

鳥も雪というものを良く理解しているものです。

これならわざわざ地上の水を飲みに降りるより安全かもしれませんね。

<小鳥メモ>
アトリ(花鶏、英名:Brambling)
スズメ目アトリ科アトリ属

分布:ユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季に北アフリカ、ヨーロッパから中央アジア、中国、朝鮮半島に渡りを行い越冬する。
日本では、シベリアで繁殖した個体が越冬のために冬に飛来する。

山麓の森林や農耕地に生息。

全長:16cm

食性:雑食性。 果実、種子、昆虫などを食べる。

その他:戦前は秋の穀物を荒らす害鳥とされていた。 一方で大量に飛来することから、かすみ網で捉えられ、焼き鳥などで食されるなどしたことから、食料としての価値があった。













つづく
[PR]

by stray-robin2 | 2016-03-01 20:56 | アトリ