これが、、、、、、、オオモズ ですか。

地元の人も確認するのが難しい状況で、今季はほとんど人が立ち寄らない状況でした。

地元の人でも、『今季は居ない』とおっしゃる方がおられる状況でしたが、とおりがかりに偶然発見してしまったので、それも含めて三回ほど探しに行ってみました。

最後の1回を除いてなんとか会うことができました(^^)

私にとっては初めての出会いでした。

とても綺麗な鳥だと思いました。  感動です!

とても良い思い出になりました。

寒い地方に多い鳥のようです。

東北とかに行けば、簡単に観察できるのでしょうか????

↓朝7時半頃、比較的近くに飛び出してきました。 背景が曇天になってしまったのが残念。。。。
f0361242_18062132.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f9.0 +1EV ISO1000 1/400s トリミング

↓歩いて移動してもう少し近い場所で撮影することができました。
f0361242_18062194.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f9.0 +1EV ISO1000 1/250s トリミング

↓下を気にしていました。 この後飛ばれてしまい、見失いました(泣)
f0361242_18062238.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f9.0 +1EV ISO1000 1/250s トリミング

↓夕方まで粘ったら遠くに現れました。 光線状態がよかったので、朝のようにもっと近くに出て欲しかった(泣)
f0361242_18062307.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 +1 2/3EV ISO800 1/320s トリミング

f0361242_18062334.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 +1 2/3EV ISO800 1/320s トリミング

会うのは難しい状況でしたが、綺麗な鳥なのでとても関心が湧いてきました。

寒い地方に多いのであれば、探しに行ってみたいとも思いました。

最後に探しに行った時には姿を見ることができませんでした。

これだけ苦労すると、来季は、、、、、会える気がしないなあ。。。。。。


<小鳥メモ>
オオモズ(大百舌、英名:Great Grey Shrike)
スズメ目モズ科モズ属

分布:ユーラシア大陸北部、インド中部、アフリカ中部で繁殖。 寒くなると南方へ移動して越冬する。

日本では冬鳥、または旅鳥として飛来。 数は多くない。

全長:約24cm(モズは19-20 cm)

食性:動物食で、主にネズミなどの小型哺乳類や小鳥、昆虫などを捕食する。 普通のモズと同じく『はやにえ』を行う。













つづく
[PR]

by stray-robin2 | 2016-03-18 20:04 | オオモズ