通りすがりのミサゴ など

探鳥していたらチョウゲンボウの番を見けたのでしばらく観察していたのですが、どこかへ行ってしまいました( TДT)

そのままじっとしていたらミサゴが通りすぎてゆきました。

この鳥は魚を食べます。

↓川の上空を下ばかり向いて飛ぶので、なかなかアイキャッチが入りません。
f0361242_18062682.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f6.3 +1EV ISO800 1/5000s トリミング

↓ようやく顔を上げてくれましたが、今度はこのまま何処かへ行ってしまいました。
f0361242_18062666.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f6.3 +1EV ISO800 1/4000s トリミング

f0361242_18062776.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f6.3 +1EV ISO800 1/5000s トリミング

やはり飛び込みのシーンでないと迫力ありませんね。

迫力のない飛びもの写真になってしまいました(汗)




↓ミサゴよりも早い時間ですが、別の場所でオオアカハラに出会いました。
f0361242_18062735.jpg

EOS7DM2 SIGMA150-600mm 600mm f8.0 +0EV ISO400 1/100s トリミング

普通のアカハラに比べると頭が真っ黒です。 今季二度目の出会いでした。

英語の勉強をしないでブログの更新をしてしまったあああああヽ(‾д‾;)ノ=3=3=3



<小鳥メモ>
ミサゴ(鶚、雎鳩、雎、英名:Osprey、Sea Hawk、Fish Eagle、Fish hawk)
ミサゴ科ミサゴ属

分布:極地を除きほぼ地球の全域に分布。
日本では全国に分布するが、季節により北方に住む個体は冬に南方へ移動するなどの動きがある。

主に海岸に生息するが、内陸の河川や湖沼にも生息する。

全長:全長54-64cm。翼開張150-180cm。

食性:魚類を主食とする肉食性。 ただし、魚類以外にも爬虫類、鳥類、貝類などを食べることもある。

その他:環境省の保全状況評価はNT(Near Threatened):準絶滅危惧

















つづく
[PR]

by stray-robin2 | 2016-03-25 21:24 | ミサゴ

春のツグミ♪

気温も上がってきて、褐色だった野原も緑が増え彩りが増してきました。

私には冬鳥としてお馴染みのツグミが、春の野花に囲まれながら餌を探している光景に出会いました。

この鳥も可愛い顔をしていると思います。

今回は手抜きで写真だけアップします。


f0361242_18062437.jpg



f0361242_18062535.jpg



f0361242_18062510.jpg



f0361242_18062529.jpg



会社の指導で英語の試験を受けているのですが、なかなか目標をクリア出来ていません(泣)

今月中に目標をクリアしないと行けないので、この後もまた試験にチャレンジです(自宅で受験可能)。

ちょっとブログどころではない状況ですが、マイペースで続けます。












つづく
[PR]

by stray-robin2 | 2016-03-23 20:16 | ツグミ

なかなかうまく行きません。。。ベニマシコ

在庫からです。。。。いつもですが(^^ゞ)

時折姿を見せてくれるベニマシコなのですが、なかなか上手く撮らせてもらえません。。。。

もともとすっきりとした場所には出てこない鳥なので、しょうがないと言えばそうなのかもしれませんが、美しい姿をしているので、撮るならもっと綺麗に撮ってあげたいものです。

f0361242_18062395.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 +1/3EV ISO800 1/640s




うーん(゜_゜) っと、思うようにいかないことを嘆いていたら、おなじみのコヤツははっきりと姿を見せてくれました(^^)

f0361242_18062327.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 +1/3EV ISO800 1/400s

だいぶ暖かくなってきましたが、もう少し撮らせてもらえるチャンスあるかな?


話は変わりますが、実は本日も探鳥に出かけて見ました。

結果はボウズでしたが(泣)、その代わり綺麗な風景に出会うことができました。

春が近づいているのは知っていましたが、もう野花がこんなに綺麗に咲いているとは思いませんでした。

f0361242_18062415.jpg

EOS7DM2 EF70-200mm F2.8L 200mm f3.5 +1/3EV ISO200 1/800s

早いなあ~。。。。。会えなかった冬鳥もたくさんいるのに。。。。。









つづく
[PR]

by stray-robin2 | 2016-03-20 21:51 | ベニマシコ

これが、、、、、、、オオモズ ですか。

地元の人も確認するのが難しい状況で、今季はほとんど人が立ち寄らない状況でした。

地元の人でも、『今季は居ない』とおっしゃる方がおられる状況でしたが、とおりがかりに偶然発見してしまったので、それも含めて三回ほど探しに行ってみました。

最後の1回を除いてなんとか会うことができました(^^)

私にとっては初めての出会いでした。

とても綺麗な鳥だと思いました。  感動です!

とても良い思い出になりました。

寒い地方に多い鳥のようです。

東北とかに行けば、簡単に観察できるのでしょうか????

↓朝7時半頃、比較的近くに飛び出してきました。 背景が曇天になってしまったのが残念。。。。
f0361242_18062132.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f9.0 +1EV ISO1000 1/400s トリミング

↓歩いて移動してもう少し近い場所で撮影することができました。
f0361242_18062194.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f9.0 +1EV ISO1000 1/250s トリミング

↓下を気にしていました。 この後飛ばれてしまい、見失いました(泣)
f0361242_18062238.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f9.0 +1EV ISO1000 1/250s トリミング

↓夕方まで粘ったら遠くに現れました。 光線状態がよかったので、朝のようにもっと近くに出て欲しかった(泣)
f0361242_18062307.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 +1 2/3EV ISO800 1/320s トリミング

f0361242_18062334.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 +1 2/3EV ISO800 1/320s トリミング

会うのは難しい状況でしたが、綺麗な鳥なのでとても関心が湧いてきました。

寒い地方に多いのであれば、探しに行ってみたいとも思いました。

最後に探しに行った時には姿を見ることができませんでした。

これだけ苦労すると、来季は、、、、、会える気がしないなあ。。。。。。


<小鳥メモ>
オオモズ(大百舌、英名:Great Grey Shrike)
スズメ目モズ科モズ属

分布:ユーラシア大陸北部、インド中部、アフリカ中部で繁殖。 寒くなると南方へ移動して越冬する。

日本では冬鳥、または旅鳥として飛来。 数は多くない。

全長:約24cm(モズは19-20 cm)

食性:動物食で、主にネズミなどの小型哺乳類や小鳥、昆虫などを捕食する。 普通のモズと同じく『はやにえ』を行う。













つづく
[PR]

by stray-robin2 | 2016-03-18 20:04 | オオモズ

いい湯だなあ~♪    SNOW MONKEY MOUNTAIN

昨日今日と寒いですね(>_<)

久々のブログの更新となってしまいました。

寒いので、少しでも暖かさを感じる話題を取り上げてみました。

先月、一生に一度は訪れてみたいと思っていた長野県の地獄谷温泉野猿公苑 に行ってみました。

暖冬で温泉に入っているお猿さんはごくわずか(泣)

おまけに、日本の連休と中国の春節の休暇シーズンと重なったせいか、すごい観光客の数でした(汗)

また行きたいと思っているので、今度はタイミングをちゃんと計算して出かけたいと思います。

本当は旅のレポート形式で順を追って情報をアップしてゆきたいのですが、時間がなくて無理です。。。。。

適当に写真を選んでアップすることにしました。

↓天地についたら、1匹のお猿さんが気持ちよさそうに温泉につかっていました。この日は比較的暖かかったせいか、足を湯船から出しています。 面白いシーンだと思いシャッターを切ってみました。
f0361242_18062028.jpg

EOS5DM3 EF70-200mm F2.8L f3.2 1/500s +1 1/3EV 88mm

f0361242_18062058.jpg

EOS5DM3 EF70-200mm F2.8L f3.2 1/640s +1 1/3EV 88mm

今回写真を撮ったポイントは風がagainstで温泉の湯気がカメラに向かって飛んできてしまいます。

背景が真っ白になってしまい、温泉なのかどうかよくわからなくなってしまいました。。。。。


↓この公園は開園時間が『9時頃』と紹介されていることもあります。理由は以下のとおりです。
f0361242_18062145.jpg

EOS5DM3 EF24-70mm F2.8L f2.8 1/100s +1/3EV 24mm

お猿さんがくるまでは開園しないんですね。


ネタに困ったときにまたこのネタをアップするかもしれません(^^ゞ













つづく
[PR]

by stray-robin2 | 2016-03-13 21:03 | ニホンザル

樹上の水場     アトリ

この日はお山に出かけて見ました。

先日降った雪がまだたくさん残っていました。

頭上に鳥の気配を感じました。

はるか高いところにアトリの群れがいました。

私には冬鳥として馴染み深い鳥ですが、見上げて観察することが多いです(^^;

目線の高さでは久しく観察していないような気がします。

今回もそうなってしまいましたが、無理やり大砲の856を向けて見ました。

すると、、、あることに気が付きました。

木の小枝にひっかかって落ちずに残っている雪を食べているではありませんか。

小鳥が水分補給のために雪を食べるシーンはこれまでにも見たことがありますが、アトリはこれが初めてでした。

f0361242_18061812.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +0EV ISO800 1/1250s トリミング

↓いざこざもあるようですが、上から数えて3番目、4番目の個体は何事もないように雪をかじっています。 写真ではわかりずらいですが、嘴からこぼれ落ちる雪の粒が見えました。
f0361242_18061975.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +0EV ISO800 1/1600s トリミング

f0361242_18062018.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +0EV ISO800 1/1600s トリミング

鳥も雪というものを良く理解しているものです。

これならわざわざ地上の水を飲みに降りるより安全かもしれませんね。

<小鳥メモ>
アトリ(花鶏、英名:Brambling)
スズメ目アトリ科アトリ属

分布:ユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季に北アフリカ、ヨーロッパから中央アジア、中国、朝鮮半島に渡りを行い越冬する。
日本では、シベリアで繁殖した個体が越冬のために冬に飛来する。

山麓の森林や農耕地に生息。

全長:16cm

食性:雑食性。 果実、種子、昆虫などを食べる。

その他:戦前は秋の穀物を荒らす害鳥とされていた。 一方で大量に飛来することから、かすみ網で捉えられ、焼き鳥などで食されるなどしたことから、食料としての価値があった。













つづく
[PR]

by stray-robin2 | 2016-03-01 20:56 | アトリ